免疫治療とは

免疫細胞療法とは、自己の免疫細胞を体外で培養し活性化させ、体内に戻すという療法です。がん患者様は免疫細胞の活性が健康な人と比べて低下していることが明らかになっております。そこで、体外で免疫細胞を増やし活性化させ、体内に戻すことで、体内の免疫力を強化し、がん細胞に確実な攻撃を仕掛けて「がん」の進行を阻止します。患者様ご本人の免疫細胞ですので、まれに一過性の発熱を伴うくらいで副作用の心配はほとんどありません。免疫細胞療法は、三大療法と併用することで、相乗効果が期待でき、三大療法による副作用の軽減が可能です。

免疫細胞療法は、理想的ながん治療法として注目を集める「最先端のがん治療法」です。

  • たくさんのリンパ球が、がん細胞に集まってくる様子。

    たくさんのリンパ球が、がん細胞に集まってくる様子。

  • 左の画像の一つをとって大きくした画像。真ん中にある大きな細胞が、がん細胞でやっつけようと集まってくるリンパ球の様子。

    左の画像の一つをとって大きくした画像。真ん中にある大きな細胞が、がん細胞でやっつけようと集まってくるリンパ球の様子。

高活性化NK細胞免疫療法 (NK細胞を主に増やします)

免疫細胞療法の中でも、培養する細胞は、NK細胞やT細胞など種類がありますが、もっとも原始的な免疫細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞の効果が注目されています。NK細胞はリンパ球の一種で、自然免疫の中心的役割を果たし、ウイルスに感染した細胞やガン細胞に結合して殺傷する役割を持っています。 NK細胞は、がんであれなんであれ、異物と見れば即、攻撃するというワイルドな力があります。ガン細胞は健康な方でも毎日3,000個〜6,000個くらいは体内で発生していると言われており、ガン細胞をいち早く発見して殺傷するのがNK細胞です。

がん患者様はNK活性が健康な人と比べて低下していることが明らかになっております。NK細胞療法は、最も確実性が高いと考えられるNK細胞を主に高活性化培養し、点滴で体内に戻します。

治療は血液50ccほどを採取することから始まります。一般の献血が400ccですので、それと比べるとはるかに少量で、患者様の身体への負担が少ないといえます。

その後、約2週間をかけて、無菌状態に保たれた最先端の培養施設で、熟練の培養技師が培養、活性化し、NK細胞を数百から数千倍を目安に増やします。健康な人が持っているNK細胞の数は約1億個ですので、4億〜5億になれば効果は期待出来ます。(NK細胞の数値は目安であり、培養期間や患者様の状態によって異なります。)それを生理食塩水とともに、点滴で患者様に戻します。

高活性化NK細胞免疫療法

樹状細胞療法(樹状細胞を主に増やします)

1. 樹状細胞とは
樹状細胞(Dendritic Cell ; DC)は免疫担当細胞の一つで、体内に侵入したバクテリアなどの敵(専門的には非自己と言います)を食べて処理すると共に、T細胞に敵の情報を伝える役割を持った細胞です。情報を受け取ったT細胞はその敵を攻撃する専門部隊を組織し、敵を体内から完全に排除するまで働きます。
この働きは抗原提示と呼ばれ、樹状細胞は非常に高い抗原提示能を持っていることから、プロッフェッショナル抗原提示細胞(APC)とも言われます。
樹状細胞はほとんどの免疫応答において初動を担うと共に、引き続き起きる免疫応答への橋渡しを行っており、免疫全体から見ると要の細胞と位置付けられています。
2. 抗腫瘍免疫における樹状細胞の働き
@ 抗原提示
腫瘍細胞の特徴(腫瘍抗原)を抗原提示することで、その腫瘍特異的な細胞障害性T細胞(CTL)を誘導します。抗原提示を受けたCTLは増殖(数を増やす)と活性化(攻撃力アップ)をきたし、腫瘍に対する強い攻撃力を獲得します。
A サイトカイン産生
樹状細胞はインターロイキンIL-12やIL-15などの様々なサイトカインを産生します。IL-12やIL-15は直接的にNK細胞やCTLなどのキラー細胞を増殖・活性化させるだけではなく、1型ヘルパーT細胞(Th1)を誘導し、増殖・活性化させることでTh1によるキラーT細胞の活性化も促します。
樹状細胞療法は体外で大量に樹状細胞を誘導して体内に戻すことにより、このような樹状細胞の抗腫瘍免疫を最大限に高めて、ガンを消失させることを狙った治療法です。
3. 抗腫瘍作用機序
体外で誘導・成熟化及び抗原をパルスされた樹状細胞は体内に投与されると、まずリンパ節へ移動します(@)。リンパ節内では抗原提示やサイトカインを産生することで抗原特異的CTLの増殖・活性化やTh1の誘導、増殖・活性化を行います(A,B)。誘導された抗原特異的CTLはリンパ節を離れて腫瘍のある部位へ移動し、そこで腫瘍細胞を殺傷します(C)。
樹状細胞による抗腫瘍機序はNK細胞療法やLAK療法と異なり、樹状細胞自身が直接腫瘍を破壊するのではなく、CTLを始めとするキラー細胞達を増殖・活性化することで発揮されます。

1.DCの投与→2.抗原提示→3.抗原提示→4.抗原提示

また、樹状細胞療法で腫瘍を殺傷の中心となるCTLは腫瘍抗原(目印)を見つけることで腫瘍を認識します。この腫瘍認識方法はNK細胞と異なることから、樹状細胞療法とNK細胞療法による相加・相乗効果が期待できます。
4. 当院における樹状細胞療法
樹状細胞を用いた治療法にはいくつかの方法がありますが、当院では安全性、治療効果の観点から、自己腫瘍を用いる方法と人工ペプチドを用いる方法の二種類を行っています。
1)自己腫瘍を用いる方法
手術にて摘出した腫瘍組織があり、かつ凍結で保管されている場合に適用できます。自己の腫瘍から腫瘍細胞を単離し、特殊な処理を施して増殖できない状態にしてから樹状細胞と混合培養して、自己腫瘍抗原を提示した樹状細胞を作製し、体内に戻す方法です。
将来的に手術の予定があり、腫瘍組織の提供が可能な場合にも適用できます。
尚、樹状細胞の作製には一定量の腫瘍細胞が必要となることから、提供された腫瘍組織の量によっては1クール(6回投与)の治療ができない場合もあります。
2)人工ペプチドを用いる方法
自己腫瘍組織が入手できない場合、既知の腫瘍ペプチドを人工的に合成し、これを自己腫瘍の代わりとして用いて、人工ペプチドを提示した樹状細胞を作製し、体内に戻す方法です。
使用する人工ペプチドの関係から、HLA-A0201またはHLA-A2402のHLA型であり、かつ特定の腫瘍抗原が検出された場合に適用となります。
尚、腫瘍は大きくなると様々な遺伝子レベルの変異が認められ、それに伴い個々の細胞レベルでは腫瘍抗原の喪失や変異をきたしている可能性があります。その場合にはどれ程樹状細胞療法を行ったとしてもこれらの細胞を殺傷することができません。そのため、当院では原則として複数の人工ペプチドを用いるようにすることで、可能な限りこれらの問題を回避するように配慮しています。
5. 治療スケジュール(人工ペプチドを用いる方法の場合)
@ 初診(検査)
初めに、樹状細胞療法の適用を判定するため、HLAタイピング検査及び腫瘍抗原の検査を行います。
A 〜1週間後(アフェレーシス採血)
各検査の結果より、適用可否を判定します。HLA-A0201もしくはHLA-A2402であり、かつ腫瘍抗原が検出された場合に採血を行います。採血は大量に細胞を採取する必要があるため、アフェレーシス採血(成分採血)を行います。採血時間はおよそ1時間程です。
B 〜1週間後(1回目DC投与)
アフェレーシス採血により採取された細胞から単球を取り出し、未熟樹状細胞を誘導後、成熟化及び人工ペプチドをパルスします。作製された人工ペプチドを提示した樹状細胞(1回目)を皮下に投与します。
C 〜1週間以降(1回目NK投与)
1回目のNK細胞を点滴投与。
D 〜1週間後(2回目DC投与)
2回目の樹状細胞を皮下に投与。
E 〜1週間後(2回目NK投与)
1時間のアフェレーシス採血1回で出来る樹状細胞療法が終了します。初診の日から、5週間を要します。

2週間に1回投与、1クール約3ヶ月

自己腫瘍を用いる方法の場合には上記の@が省略され、Aよりスタートします。

活性化リンパ球療法(T細胞を主に増やします)

ご自身の血液を約20cc採取し、血液中の免疫細胞を約2週間かけて活性化・増殖させ、ご自身の体内に点滴で戻します。T細胞は少ない血液からでも容易に増殖させる事が可能です。

樹状細胞療法を行う場合、樹状細胞からがんの特徴を教えてもらうT細胞が多い程、当然ながら有効率が上がります。ですので、T細胞を活性化、増殖させる活性化リンパ球療法の併用をお勧めしています。

自家がんワクチン療法

1.手術→2.特殊加工→3.患者様ご本人に注射→4.免疫細胞ががんを攻撃

自家がんワクチン療法の実際

患者様のがん組織が必要です。現在かかっている主治医の先生に、患者様のがん組織(ホルマリン標本またはパラフィンブロック標本で組織量として2gあるもの)を提供いただけるかどうか、ご相談ください。手術を受けた病院では、一定期間、患者様のがん組織を、ホルマリン浸けか、パラフィン包埋ブロック状態で保存しております。患者様のがん組織が残っているか、手術を受けた病院にお問合せ下さい。がん組織が病院に保存されているのにも関わらず、患者様のがん組織の返却に応じてもらえない場合は、こちら→がん組織の確保をご覧ください。

自家がんワクチン作製には、一週間程度かかります。通常2週間に1度、計3回、皮膚に注射します。この前後の免疫テストも加え、全部で5回の注射で済みますので入院する必要はありません。(急ぐ場合は1週間ごとや10日に1回でも可)、上腕の皮内5ヶ所に、自家がんワクチンを注射します。

全治療期間は、約6週間となります。

具体的手順(プロトコール)

原則として、ワクチン3回と前後の検査2回の計5回の注射投与のみで1コースの治療が終了します。

ワクチン投与3回/ワクチン投与3回

お預かりしたがん組織を加工して自家がんワクチンを作製します。ワクチンの作製は無菌的に行なわれ、作製期間は約7〜10日間です。

1. 免疫反応テスト@
自分のがん組織に対する免疫反応の有無を見るため、テストを行います。右前腕内側の皮内にあらかじめ処理したがん組織の一部を注射します。
2. ワクチン投与(1回目)
免疫反応テスト@の2日後(48時間後)、発赤の直径を測定します。同時に写真をとっておきます。引き続きワクチン(1回目)を左上腕の皮内の5ヶ所に注射します。
3. ワクチン投与(2回目)
1〜2週間後に、今度は右上腕皮内にワクチン(2回目)を5ヶ所注射します。
4. ワクチン投与(3回目)
1〜2週間後に、今度は左上腕皮内にワクチン(3回目)を5ヶ所注射します。 ワクチン投与は計3回です。
5. 免疫反応テストA
第3回目のワクチン注射の2週間後、左前腕内側の皮内に再度免疫反応テストを行います。
6. 測定判定
免疫反応テストAの2日後(48時間後)、発赤の直径を測定します。ワクチン療法の効果は、必ずしもすぐにわかるわけではありませんが、ワクチン接種前の皮内反応と接種後の皮内反応(免疫反応テスト@とA)を比較することにより、患者様の体の中で、自己の腫瘍に対する免疫反応の変化を推測することができます。
当院はセルメディシン株式会社と技術提携し、患者様に最高の状態でワクチンを提供いたします。
自家がんワクチン療法は、自由診療となりますので、保険は適応されません。

池袋がんクリニックでは無料相談会実施しております

  • お電話でのお申込・お問い合わせは…0120-582-820
  • ホームページからのお申込は…お申込フォーム
  • 資料のご請求お問い合わせはこちら

自律神経免疫療法 

「福田・安保理論」の両先生。左側が、福田稔先生。右側が、安保徹先生。

「福田・安保理論」の両先生。左側が、福田稔先生。右側が、安保徹先生。「自律神経免疫療法」で、がん治療に積極的に取り組んでおられます。多数の書籍にて、多くの実績が紹介されています。

  • 免疫革命
  • 免疫療法入門

新潟大学大学院医学部教授 安保徹先生の理論と、福田稔医師の臨床により注目された、自律神経免疫療法。経絡療法、爪もみ療法といった東洋医学の手法が、安保徹先生によって理論的に裏打ちされたのは、ご存知の方も多いと思います。

さらにこの療法は、福田稔医師の臨床を通じて多くの治療実績をあげました。この療法が、自律神経免疫療法です。ここで少し「福田—安保理論」をご紹介いたしましょう。人間の身体の機能は、自律神経によってコントロールされています。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、主に過度のストレスなどで交感神経が緊張した時に、病気が発生します。特にガンの発症に深くかかわっているのは、働き過ぎや心の悩みなどのストレスと薬物の長期連用です。

これらは、自律神経の一つである交感神経を緊張させ、免疫力の低下を招いて、ガンを呼び込む体調をつくります。したがってガンを治すには、交感神経の緊張を抑え、自律神経のもう一方の、副交感神経を刺激すればよいのです。

リンパ球のなかのNK細胞がガン細胞を殺すときに使うパーフォリンや、NKT細胞がガン細胞を殺すときに使うファス分子は、副交感神経が優位でなければ分泌することができません。

つまるところ、免疫細胞がガン細胞としっかり闘えるのは、副交感神経が優位な体調のときということになります。リラックスしているときや、笑いがこぼれるような楽しい時間を過ごしているとき、免疫力はより高くなるのです。

自律神経は、免疫機能の中心的役割を果たす白血球(95%を顆粒球とリンパ球で占める)の働きにも密接にかかわっていて、交感神経が緊張すると、顆粒球がふえます。

健康な人は、顆粒球の割合が54〜60%、リンパ球の割合が35〜41%ですが、病気になると顆粒球の割合が60%を大きく超えてしまいます。このように、交感神経が優位になると白血球中の顆粒球が増え、副交感神経が優位になるとリンパ球が増えることを福田稔医師と安保徹先生が発見しました。

すなわち、自律神経のバランスがくずれることによって免疫が低下して発病し、自律神経のバランスを整えることで免疫を高めて病気を治すことができるという理論。これは、人をまるごと全人的に見る東洋医学的考え(ホリスティック医学)で、西洋医学的な、部分的対症療法とは異なります。

この「福田・安保理論」に共感した医師たちで、多くの臨床が得られ注目される「自律神経免疫療法」を当クリニックでは「免疫細胞療法」と組み合わせ、「複合免疫療法」と名づけ、相乗効果をあげています。

  • 自律神経免疫療法の様子
  • 自律神経免疫療法の様子
  • 自律神経免疫療法の様子
  • 自律神経免疫療法の様子
  • 自律神経免疫療法の様子

超高濃度ビタミンC点滴療法

超高濃度ビタミンC点滴療法イメージ

ビタミンCの血中濃度を350mg/dl〜400mg/dlまで上げることにより、副作用の無い抗がん剤としての効果を期待します。

超高濃度のビタミンCは、強力な抗酸化作用を発揮し、がん細胞に対して、抗がん剤のような毒性を示します。しかし正常細胞には活性化を図ります。

ビタミンCの血中濃度を毎回測定しながら350mg/dl〜400mg/dlに安定するまで高濃度のビタミンCを点滴で注入する療法です。

【注意事項】
* 必ず朝食を摂って来て下さい。あるいは十分な水分を摂って来て下さい。
* 腎透析をされている方は、ビタミンC点滴を行うことが出来ません。

点滴日以外は高濃度サプリメントでビタミンC濃度をある一定濃度に保つようにすることが必要です。

Dr.リオルダン・プロトコルに従い、ビタミンCと、マルチビタミン・ミネラルのサプリメントをお摂り頂きます。

ページトップへ

池袋がんクリニックでは無料相談会実施しております

  • お電話でのお申込・お問い合わせは…0120-582-820
  • ホームページからのお申込は…お申込フォーム
  • 資料のご請求お問い合わせはこちら